水道工事の種類を知り依頼する

水道工事の種類を知り依頼する 新しい家に住んだり、新しいマンションに住むのをとても楽しみにしている人は多いのですが、引っ越しの前に水が使えるように水道工事をきちんと終了させる必要があります。水道 工事にはいくつかの種類があり、水道業者も数多く存在していますので、安心して任せられるところに依頼しましょう。引越し後はメンテナンスも意識して使用するように注意しておくと、水のトラブルを事前に防止できます。


■工事の種類をチェックする

新しい家で水を使うためには、給水工事が必要となります。これには2種類があります。まず公道の排水管から配管をひき、新設する家のメーターボックスまで配管工事をします。これを給水管引込み工事と呼びます。ここから家の中に設置する蛇口まで、屋内配管工事を行うことによって配管を設置します。二つがきちんと完了すると、家で水が使えるようになります。
一軒家の場合は、自分たちだけが水を使用するので、直結給水方式と呼ばれる方法が採用されます。配管から直接パイプを使って水が給水されます。マンションやビルは水を一か所に貯めて、そこから各階に給水する、受水槽給水方式を使用している場合があります。あまり高層ではないなら、水圧を高めて給水する、中高層の直結給水方式もあります。マンションだと建設時に全ての工事を終えていますので、自分でする必要はありません。一軒家を建てる時には、自分の持ち物となるため必要です。

■業者を探す
水道 工事が適切に行われるように、業者を選択します。自治体や市町村が決めている水道法に沿って施工しなければならないため、水道局指定工事店という制度があります。この会社に依頼すると、法に沿って資格を持ったスタッフが担当してくれます。定期的に研修が行われたり、法の改正についての知識も豊富なので安心して依頼できます。市役所のホームページに情報が一覧で掲載されていることもあります。
新築の住宅で、これらの選定を施工店や代理店が行ってくれる場合は、自分たちで業者を選択する必要がないこともあります。しかし、水道に関する知識やある程度の相場を知っておくと役に立ちます。不明な点があれば、自治体に問い合わせてみましょう。

■自分たちでできること

水道は使用すると、汚水が排水管を流れていきます。水と一緒に固形のものをなるべく流さないようにします。特に気を付ける必要があるのはキッチンです。うっかり油の残りや、野菜のくずが流れてしまうことがあります。ネットを使ってゴミを取り除くなどの工夫が必要です。同じように洗面所も細かいゴミや髪の毛が流れやすい場所なので気を付けましょう。
ホームセンターなどで購入できるパイプクリーナーを使って、定期的に掃除をするのも良い方法です。排水管の内側についているぬめりを取り除き、つまりを予防できる効果があります。定期的に排水管を清掃すると、内部がクリーンな状態を保つことができ、異臭などの発生も防止できます。
蛇口のハンドルやシャワーノズルのホースといった、壊れやすいところの扱いにも気を付けておきます。蛇口を必要以上に締めて余分な負担をかけないことも大切です。家の中の水道設備はそれぞれ適した使用方法がありますので、家族で情報を共有して正しく使用しましょう。

■まとめ
水を使用できるようにするためには2種類の工事が必要です。自分たちで業者を探す場合は、水道局指定工事店に依頼し、分からないことは何でも聞くようにしましょう。
水道設備は、定期的な清掃を行い丁寧に使うよう心がけます。トラブルの原因となるので、排水管に固形のゴミを流さないように工夫しましょう。やわらかい素材のホース、配管などを傷つけないようにすることも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース